〜芭蕉の句碑〜

「麦の穂を たよりにつかむ わかれかな」

松尾芭蕉は元禄7年(1694年)5月に江戸深川の庵を出発。故郷の伊賀(現在の三重県)へ向かう途中、別れを惜しむ門弟たちが川崎宿から少し離れたここまで見送りにきました。この頃芭蕉は病を患っていたので心配だったのでしょう。

当時、この辺りは広大な麦畑で、麦の穂につかまっていなければ立っていられないほど体調が悪い。けれどここでもうお別れだ、あ〜、切ない。といった感じでしょう。

その後、芭蕉はこの年の10月に大阪(当時は大坂)で51才で亡くなりました。一説によると胃がんだったそうです。

「旅に病んで 夢は枯野を かけめぐる」という時世の句を残しています。

それから約130年後の文政13年(1830年)8月、「一種」という俳人が芭蕉をしのびこの句碑を建て、今もこのように残っています。歴史ってすばらしいですねぇ。

YouTube
Shareyourvideoswithfriends,family,andtheworld
タイトルとURLをコピーしました